HADOのキホン

※ この記事はHADO公式ではありません。
 開発者が趣味で更新しているものです。ご承知おきください。

HADOとは

ARとウェアラブルバイスをかけ合わせたテクノスポーツです。

詳しくは以下の動画をご覧ください。
2017年02月10日に実施された一般向け体験会での映像です。

youtu.be

スマホをセットしたHMDを頭に、iPodウェアラブルバイスとして腕に装着し、腕を前に勢い良く突き出すことでエナジーボールを繰り出して、相手にダメージを与えることで試合を行います。
チームは最大3人まで、最大6人での試合が可能です。

HADOを知る

強くなるには、HADOについて詳しくなる必要があります。

以下の動画をご覧ください。

youtu.be

HADOのシステムが大幅に更改された時(2017年1月末)の発表動画です。

ポイントを絞って確認していきましょう。

HADOの基本動作

HADOでは、腕の上下運動や正面への動きを判定して技を出しています。

エナジーボールのエネルギーを溜める

腕を上に上げる ことでエナジーボールのエネルギーが溜まります。
一度に5発分のエネルギーを溜めることができるので、5発までの連射が可能です。

エナジーボールを撃つ

エナジーボールのエネルギーが一定以上溜まっている状態で、 腕を思い切り正面に突き出す ことでエナジーボールを撃つことができます。

バリアのエネルギーを溜める

腕を下に下げる ことでバリアのエネルギーが溜まります。

バリアを発動する

バリアのエネルギーが最大まで溜まっている状態で、 腕を下から思い切り上にあげる ことでバリアが発動します。

スキルカスタマイズ

HADOはプレイヤーのスキルをカスタマイズすることができる点も魅力です。

プレイヤーは以下の4つのスキルから選び、12ptのスキルポイントを振って自分の技を強化します。
それぞれのスキルにポイントを1~6まで割り振れます。

いずれのスキルも、最低でもスキルポイントを1振る必要があります。
そのため、実質自由に割り振れるポイントは8ptとなります。

Bullet Speed

エナジーボール速さ を強化します。

Bullet Scale

エナジーボール大きさ を強化します。

Charge Speed

腕を上にあげたときの チャージの速さ を強化します。

Barrier Strength

バリアの 耐久度 を強化します。

試合のルール

最大3vs3で、10m×7mの範囲を黄色チームと紫チームに区切って行います。
センターラインを他チームメンバーが越えてはいけないことから、形式としてはドッジボールなどの非得点型ネットスポーツといえます。
つまり実質動けるのは5m×7mの範囲となります。

このプレイフィールドは展開する施設により異なります。
もし狭い範囲での設置となった場合、安全性の観点から、同時プレイ人数を2:2などに制限させて頂く場合があります。

各プレイヤーには4枚の羽根(ライフと呼びます)が自分のカメラに追従する形で生成されます。
この4枚の羽根をすべて撃ち落とすと、チームに1pt入ります。全て撃ち落とすまでは得点にはなりません。
試合の勝敗はこのチームptで争われます。

もしお互いのチームptが同一だった場合、各プレイヤーのスコアの合計点で勝敗が決まります。
※このルールは変更になる可能性があります。
前述のスキル振りにより防御職となった場合、プレイヤースコアが伸びにくい傾向にあるからです。

HADO 虎の巻

以上がHADOの基本知識となります。

続いて、いかに試合で勝つか、戦略的な部分を解説します。

別記事化しました→ HADO 虎の巻 - shiro izu blog